ニュース

ウイルス対策のスプレーならアクアルファ!アルコール除菌より強力!

新型コロナウイルスやインフルエンザ・ノロウイルスと感染症が心配ですが、マスクと消毒液の品薄が現状。

薬局ではどちらも品切れが続いていますよね。

でもそんな売り切れのアルコール消毒やエタノール消毒よりもウイルス対策に効果抜群なのがこれから紹介するアクアルファf(フォルテ)なんです!

実際使っているので効果や感想もお伝えしますよ!

※在庫は少ないながらも買えることが多いので不安な方は是非購入しておくことをおススメします!

スポンサーリンク

ウイルス対策のスプレーにはアクアルファ!次亜塩素酸水で安全?

ウイルス対策におすすめなアクアルファfとは微酸性次亜塩素酸水の事。

除菌力や消臭に優れていますが、原料はなんと水と塩だけなんですよ!

しげ男
しげ男
マジで?なのにアルコールより除菌力があるの?

そうなんです。

ノロウイルスなどのアルコールには効かない菌もこのアクアルファfなら効果があります。

塩素系漂白剤の80倍の除菌・消臭効果があるのに安全。

しかも除菌後は普通の水に戻るんですって!

濃度は200ppmと800ppmがあり、そのまま使えるスプレーボトルに入ったものから薄めて使う詰め替えタイプなどいろいろあります。

ちなにみに私はスプレーで使うものは元々200ppmのものを、加湿器やつけ置きには800ppmのものを使用しています。

※スプレーも800ppmを200ppmに薄めて使っても問題ないですが、薄めた場合は3ヶ月以内に使用しなければいけません。

薄めなければ1年は効果がそのまま使えるとの事で、スプレーとして使うものは元々200ppm(自分で薄めていないもの)を使用するようにしています。

アクアルファfの特徴は?他の商品との違い!

一般的にいろんな種類の次亜塩素酸水が販売されていますが、このアクアルファfは

いろいろな公的機関の証明書

を取得しています。

効果が目に見えないものですが、証明書があるだけで信用性がグッとあがりますよね。

※購入ページにて詳細を確認できますよ~!

そして他の商品との違いがHPに乗っていたのでまとめてみました。

1. 超高濃度を実現

 

800ppmという超高濃度は業界最高クラス!
普通は200~500ppmくらいまでしか作れないんだとか。

2. 薬品不使用&純度99%

 

薬品を一切使用せずに純水で作られています。
純度100%のオリジナル結晶塩を使用しているのもすごい!

3. 長期保存可能

 

さきほども記載していますが、水道水で薄めたものは3ヶ月が目安ですが薄めていないものは1年経っても効果を保持。
使うのがゆっくりでも安心!

4. 安全性に自信

 

肌に近いpH5.8~6.4の微酸性なので肌荒れなどの心配もない!
有機物に触れると水に戻るのでなめてしまったりしても大丈夫。
使用後にふき取る必要もありません。

そして発がん性物質の臭酸素の心配もありません!
なんと0.003ppmしか検出されませんでした。(公的データ有)

しげ男
しげ男
超すごい消毒液なんだな。
ヘビロテ確定!

アクアルファfの使い方は?うがいや加湿器でも使える!

アクアルファーは基本的にスプレーと詰め替え用で販売されていますが、通常の除菌の他にもいろいろな使い方があります。

用途別に薄めたりして使用します。

*薄めてうがい薬として使用
*加湿器に入れて空間除菌
*つけ置き除菌
*食品のカビや腐敗を遅らせる
*カビ・臭い防止

などなど

例えば。。。

*哺乳瓶や入れ歯の除菌
*歯ブラシの除菌
*フルーツやお花の腐敗を遅らせる
*トイレやおむつの消臭
*ペットの消臭
*靴の消臭
*手や髪の除菌
*嘔吐時の服やシーツのつけ置き除菌
*おもちゃやエアコンの除菌
*外出先でのおしゃぶりや手の除菌
*お風呂や洗濯機のカビ防止

つまり飲んだり、電化製品にたくさんかけるなど当たり前にしてはいけない事に気を付ければなんでも使えるという事です(笑)

薄めて使用するなら3ヶ月以内。
うがいやつけ置きなど用途によって推奨のppmに薄める。
加湿器に入れるなら専用の加湿器を使用する。

など、注意点もありますが本当にいろんなものに使えるので1つあればかなり重宝します。

哺乳瓶の消毒や入れ歯の消毒もできちゃうので赤ちゃんや年配の方がいるご家庭ではミルトンやポリデントなど別で買う必要がなくなりますよ!

ちなみに私は加湿器(空気洗浄機)も使用していますが、いつでも部屋の中が除菌されている状態なので本当に安心!
水道水に800ppmのアクアルファfを約100ml強入れるだけなので、液がすぐなくなることもなく一度購入すれば結構長く利用できますよ!

アクアルファの薄め方や使い方の疑問はどうすればいい?

アクアルファfは濃度が違ったり、用途によって薄めるppmや使い方が異なります。

毎回これにはどの濃度?
その濃度にするにはどのくらい薄めれば?

と疑問がたくさん出てきます。

そんなときはこのアクアルファfを楽天で販売している”すこやかこまち”さんにメールで問い合わせするととても迅速に丁寧に回答してくださいます。
私も何度も質問メールをしていますよ!

例えば。。。

Q. 800ppmを200ppmにするにはどうしたらいい?←計算できないおバカw

A. 水道水で4倍に薄めます。

作りたい量÷4(倍)=アクアルファの量
作りたい量-アクアルファの量=水道水の量

Q. 哺乳瓶の除菌はスプレーでもいい?

A. 全体にまんべんなくかかるのであればスプレーでOK
スプレーが掛かっているか不安ならつけ置きをおすすめ。

やり方は30ppm前後で2.3分

Q. 虫歯予防に200ppmのスプレーを口の中に掛けてもいい?

A. スプレーするよりも口全体にいきわたるためうがいをする方がおすすめ
200ppmでも害はないが、まずいしもったいないので100ppmで十分。

と、なんでも回答してくれます!

アクアルファfの口コミは?実際インフルエンザやノロウイルスに効果はあった?

一般的なアルコール消毒はノロウイルスには効果はないとのことですが、そんなノロウイルスにも効果を発揮するというアクアルファf。

本当に効果はあるのでしょうか?

。。。ずばり。

効果は大あり\(◎o◎)/!

しげ子
しげ子
本当にありまくりだったよね。

 

もしかしたら今はやっている新型コロナウイルスにも効果があるのではないかと期待してしまいますね。
(効果があるかは今のところ不明。ただ、基本の予防としては効果は発揮するかと思います。)

では早速実際に使った感想をどうぞ♪

アクアルファfはインフルエンザやノロウイルスに効果あり!

子供が産まれてから安心して使える消毒液はないかと探して見つけたのがこのアクアルファf。

使っている時期と使っていない時期がありましたが、アクアルファを使っているときは大きな病気は全くしないんですよね。

子供2人は保育園に通っているのに、ですよ!

なので子供は一度もインフルエンザにもノロウイルスにもかかっていません。
もちろん私も主人も。

そしてケチって使っていなかったときに下の子がRSウイルスに感染して入院するまでになりました(´◉◞౪◟◉)

それからは切らさずに使用しています。

うがいもできるほどなので赤ちゃんにも安心だし、消毒の匂いは少しはしますが気になるほどではなく、消臭効果も抜群!

あの使用済みムツの臭いが薄れるほどですよ。

恐るべしアクアルファf(*´ω`*)

本当におすすめです!

アクアルファfは本当に効果がある?みんなの口コミ!

私以外に使用した人にも効果はあったのでしょうか?
調べてみました~!

楽天でのレビューでもかなりの高評価ですが、ツイッターでも口コミがありました!

ストッパー付きの持ち運びの容器も販売されているのでどこにでも持って行ってシュッシュできます!

本当に使える!

スポンサーリンク

最後に。。。

今日はおすすめの消毒液、アクアルファfについてお伝えしました。

今感染症がとても怖い時期です。

他人事とは思わずに自分や家族の事は自分で守るようにがんばりましょう!

マスクも大事ですが、手洗いうがい、除菌もかなり効果的ですし。

でも外出時にはマスクは欲しい!

ということで、マスクが買えないという方はこちらを参考にしてみてください↓
そしてマスク以外にも免疫力を上げることが大事ですが、実は栄養よりも睡眠よりも大切なのが体温です!
是非チェックして免疫力をUPしてくださいね!

マスクの売り切れはいつまで続く ?品薄で買えない人に朗報!今世間を騒がせている新型コロナウイルス。 「COVIDー19」と名前がつきましたね。 さて、新型コロナウイルスで困っているの...
体温を上げる方法で即効性があるのは?簡単に免疫力UPでウイルス対策!コロナウイルスやインフルエンザが流行っていますよね。 体温をあげれば免疫力が上がり、ウイルス対策になります! ということで即...
トイレットペーパーが品薄や売り切れ?マスクの次に備蓄すべきものは?今世間を騒がせている『新型コロナウイルス』 コロナの影響でマスクや消毒液の品薄・売り切れ状態が続いていますが、次に品薄になるものは...
次に品切れになるもの以外で忘れがちな備蓄は?あれがないとヤバい!コロナウイルスの影響でさまざまな現象が起きていますが、特に問題なのが品薄・品切れになっていく商品! 生活用品や食料はなくなると本当...
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク