アライブ

アライブ1話ネタバレ感想!木村佳乃の医療ミスで心先生の旦那が意識不明に?

1月9日にドラマ『アライブ』1話が放送されましたね。

ただの医療系ドラマかと思いきや。。。ラストでとんでもない展開に\(◎o◎)/!
これは予想していなかった。

では『アライブ』1話のネタバレ感想をお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

アライブ1話ネタバレ感想は木村佳乃と松下奈緒の関係がヤバい!

木村佳乃さんと松下奈緒さんがバディを組んで患者さんの命を救っていく。

そんなドラマかと思いきや。。。

しげ男
しげ男
いや、そうなんだけどなw

この2人、とんでもない関係じゃないですか!!

ラストで判明したんですが、なんと事故に合った恩田心(松下奈緒さん)の旦那である恩田匠(中村俊介さん)の手術をしたのは梶山薫(木村佳乃さん)でした。

しかも。。。なんか医療ミスって感じだったんですよ(´◉◞౪◟◉)

薫先生のせいで心先生の旦那様が意識不明に?

なにげに公式HPのトップページで

”ふたりの女、絆と秘密”

と小さく書いてあったり、薫の人物紹介で”心に対して絶対に言えない秘密を抱えている”と書いてあったのはこのことだったのですね。

それにしても、展開早い\(◎o◎)/!

木村佳乃が医療ミスした原因はパッキング?須藤は潔白?

そもそも腕が良いと評判の薫先生がなんでそんなミスを犯してしまったのか?

ちょっと本当は須藤の医療ミスで薫は押し付けられただけなんじゃないかと思ったんですが、須藤は腕もあり誠実で人気者という設定なのでそれはないのかな。。。

でも、薫が心先生の旦那の手術を振り返るシーンでは須藤進(田辺誠一さん)の指示のもと手術が行われていました。

そして薫は心の旦那の出血量が多い事を忠告をしましたが、須藤は聞く耳をもたずに手術は進み、しかも須藤は途中で次の手術があるからと退席。

その後手術中に心の旦那が急変。
そして意識不明の状態になってしまったんですね。

手術中薫はとにかくパッキングすることを強く進めていて、須藤はそれを否定しているようでした。

薫は”パッキングしすぎた。。。?”と思い当たることがあったようなので、やっぱり薫の医療ミスっぽいのですが、そもそも薫の忠告を聞いて須藤が無理をせず早々にやり方を変えていればこんなことにはならなかったのでは?

とか素人なので思ってしまいましたが、須藤がそのまま手術をしていたらあんなことにはならなかったのかな(;´・ω・)

のちに須藤も元々損傷がひどかったから薫のせいではないと言っていましたけど。

さてこんな暗くてヤバい事実が早々に明かされたわけですが、なんの目的で薫は心先生に近づいたのでしょうか?

アライブ1話ネタバレ感想は木村佳乃の目的は復讐や隠ぺい?

薫はわざわざ心先生がやどりぎの会(患者会)という同じような立場で苦しんでいる人たちが集まる会に参加するように仕向け、薫自身もボランティアで参加して顔見知りになるようにしていました。

しかも心先生の自転車をパンクさせて自分の車に乗るように誘導。

しげ男
しげ男
カッターでパンクさせる薫も怖いけど、知らない人(会ったばかり)の車に乗っちゃう心もすごい(笑)

わざわざ心のいる病院に転院したり、心の患者さんの手術をしたいと名乗り出たり、とにかく心先生に近づいていますよね。

なんとなくただの罪滅ぼしで近づいているようには見えません。

だってやどりぎの会のチラシをシュレッダーにかけてたし、一人でいるときの心先生に対する雰囲気がヤバそうなんですもん。

隠ぺいのための見張りなのか、自分が医療ミスしてしまったことを心の旦那のせいだと逆恨みして復讐の為に近づいたのかな。。。

でも、心先生と接していくうちにそんな気持ちはなくなって罪滅ぼしをしようと思い直す展開でしょうか。

めちゃくちゃ気になる!!

アライブ1話の薫先生の医療ミスにみんなの感想や考察は?

予想もしない展開に面白いと好評だったアライブ!
みなさんの感想や考察も見ていきましょう!

スポンサーリンク

最後に。。。

今日は『アライブ』1話のネタバレ感想についてお伝えしました。

1話から面白すぎてヤバいですね~!
(切なくもありますが)

真相が気になる!

2話も早く見たいです!

アライブ3話ネタバレは三浦翔平は記者?謎の男役で薫に近づく理由は?1月23日にドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』3話が放送されましたね。 毎回しんどい(´;ω;`) 遂に心先生の夫の匠が逝っ...
アライブ1話から見逃し配信で無料視聴する方法!あらすじや感想も!1月9日から放送されている『アライブ』を見逃してしまった方必見! 動画を無料視聴する方法を紹介しますね! ア...
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク