鬼滅の刃

鬼滅の刃はグロいけど子供は大丈夫?なぜ人気なのか調査!【体験談】

今や世界中で大人気となっている鬼滅の刃。

かなり面白くてハマる大人も続出ですが

大人気!

となるにはグロいシーンも多く、子供にが刺激が強い気もする。

という事で、鬼滅の刃のグロいシーンに子供大丈夫なのか、なぜ人気なのかについてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

鬼滅の刃はグロいけど子供に見せても大丈夫?3歳の反応!【体験談】

>>U-NEXTの31日無料トライアルで鬼滅の刃を視聴する!
 ※無料トライアルで600円分ポイントがもらえるので実質無料で漫画も買える!2020.11月現在

鬼滅の刃が流行り出して、例外なくうちの子供もいつの間にか炭治郎・禰豆子と名前を覚えてきてアニメを見たいというようになりました。(もうすぐ4歳です。)

何気なく、登録しているU-NEXTで一緒にみようとしたのですが。。。

しょっぱなグロい\(◎o◎)/!

主人公の炭治郎が街に出掛けている間に家族が鬼に襲われて無残な姿になっていました。

。。。これ、子供大丈夫?と思いつつも見ていくと。。。

鬼の首が取れたり、頭だけになったのに生きていて話したり、その頭から手が生えてきたり。。。日に当たって苦しみながら消えてしまったり。

怖い(´◉◞౪◟◉)

大人の私でもちょっと怖いと思ってしまいましたw

 

U-NEXTの31日無料トライアルで
鬼滅の刃を読む&見る!

※無料トライアルで鬼滅の刃のアニメが見れる&もらえるポイント600円で漫画も買える!

そして鬼滅の刃を見たいと言っていた張本人は。。。

「怖い、怖い ( ノД`)」

と言ってビビっていました。

その日は見るのをやめたのですが、怖いと言いつつも見たいというので仕方なく見せるとそのうち慣れたようで、怖いとは言わなくなりました。

鬼滅の刃を見てから死ぬという言葉を言うように!

今まであまり戦いなどに興味がなかった子ですが、子供たちの間で流行っているということもあり、剣を持って戦いごっこをするようになったり、「死ぬ」というワードを言うようになりました。

いづれは覚えて言い始めるとは思っていましたが、鬼滅の刃のアニメに対して以外にも

「死んじゃったのか~?」

などと、寝ている父親に対して言っていたりするのでちょっとこれはまずいかもしれないと思いました。

子供が簡単に、ふざけてこのワードを口にするのを聞いてやっぱり見せるべきではないのかもしれないと、少し考えてしまいました。

鬼滅の刃はグロいけどR指定はない?映画無限列車はR12ではなくPG12!

面白さはもちろんですが、結構刺激的な内容なのでR指定がないか調べてみました。

アニメに関してはR指定はなし

現在上映中の無限列車の映画についてはRG12という保護者の許可や同伴が必要とはされていますが、見てはいけないわけではないんですね。

超人気ですから、R指定になってしまうとそれはそれで問題が起きそうなくらいですよね。

しげ男
しげ男
両親の判断に任せるってことだな!

鬼滅の刃はグロいのになぜ人気?みんなの意見は?

私の周りでは大人も子供もみんな視聴済みの鬼滅の刃。

話を聞くと、子供が見たくて見てたらハマっちゃって徹夜で見た!というママがとにかく多い((( ;゚Д゚)))

「グロいから心配だけど。。。感動するし面白い!」

身近にはそんな声が多かったです。

逆に残酷なシーンがあるからこその人気なのではないかと、感じる方も多いみたいですね。

ではTwitterでのみなさんの意見も見ていきましょう!

(主にグロい事・なぜ人気なのか問ういう事に対しての)

やっぱりグロいから子供たちが見ても大丈夫なのかと心配する人も多かったです。

でも、それ以上に思いやり、優しさについてもしっかりと、学ぶことができるのでグロいから悪いとも言えないですね。

グロくなくてもクレヨンしんちゃんやドラえもんも教育に悪い!なんて声もありますしw

スポンサーリンク

最後に。。。

多少否定的な意見にもなりましたが、結局は社会現象になるほど面白くて素晴しい作品だと思うので、私は子供が見たいという限りは見せようと思っています。

自分自身もまだ途中までしか見ていませんが、結構ハマっていますしねw

小学生以下のお子さんがいるご家庭ではよく相談して決められてはどうでしょうか。

これだけ流行っていると見せないのもかわいそうになってしまう場合もありますしね。。。難しい問題ですが、同時に生死についても学ばせるチャンスになるのかもしれません。

 

U-NEXTの31日無料トライアルで
鬼滅の刃を読む&見る!

※無料トライアルで鬼滅の刃のアニメが見れる&もらえるポイント600円で漫画も買える!

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク