パーフェクトクライム

パーフェクトクライムネタバレ4巻!東雲の意外な本音が明らかに!

月島綾先生(原作:梨里緒先生)の『パーフェクトクライム』を読みました。

7年間も不倫を続けてきた前島香織が香港支社から移動してきたデザイナーの東雲遥斗の存在によって張り巡らされた危険な罠に落ちていく。

この「完全犯罪」を成し遂げた本当の悪魔は誰なのか?

そんな大人で危険なハラハラキュンキュンストーリー。

では『パーフェクトクライム』4巻のネタバレ感想についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

パーフェクトクライムネタバレ4巻!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】>>コミックシーモアで『パーフェクトクライム』を無料試し読みする!
※新規登録で70%OFFクーポン&月額メニュー登録で最大2万円分ポイントが返ってくる!(実質無料になるってこと!)

1巻~2巻を東雲目線で語っている続きです。

某有名企業の三男である明仁との打ち合わせをした際、突然の営業スマイルに驚く様子の香織。

明仁と東雲が知り合いだったこともあり、食事に行くことになりましたが、楽しくも面白くもないだろうに場の雰囲気を損ねない香織に関心しながらも飲みすぎだと思います。

そのとき話題に出てきた沙織との過去。

なぜか香織の前では沙織を思い出したくないと思います。

帰りのタクシー内では言い合いをしながらも子供みたいに表情が変わる一面を見て、冬木の前ではそんな部分は見せずに理想の女の姿しか見せてないであろうことを想像して、冬木のところにいたら幸せにはなれないと考えます。

そして、素で笑ったことに対してツッコんでくる香織に対して、小野が惚れた理由がわかる気がする東雲なのでした。

明仁のトータルコーディネートの打ち合わせがスムーズに進み、それが自分のデザインのおかげだけではなく、香織の仕事技量だと感心していると、ローテーブルについてあることを提案されます。

実は自分が考えていたことと同じ提案をしてきた香織に仕事としての喜びを感じる東雲。

そんなときに自分の歓迎会がある話題から女性社員みんなが東雲を色目で見ていることから新しい恋ができるのではと言われて、イライラ。

仕事の才能を不倫のせいで潰していることや、不倫と結婚の決定的な違いを突きつけます。

涙を流す香織に、自分も同じことで苦しんだからわかると思いながらも、冬木を忘れさせるために罠を仕掛けて、自分がコントロールしてやろうと考えるのでした。

歓迎会では冬木ともめている様子の香織。

東雲は罠は未完成だと、決定的なものを仕掛けます。

一線は超えずに言葉だけで淡々と罠を仕掛ける予定だったのが、抑えられなくなった東雲はキスをして体の関係になってしまいました。

体を重ねながら、沙織の事を考えながらも香織の事を想う東雲。

自由にしてやるから俺を選んでくれ、とはいつの自分に向けた気持ちなのか。。。?

コントロールするどころかすでに”愛しさ”が溢れ出してしまった東雲はこんな形で出会わなければ、抱かなければと後悔の気持ちが大きくなり、溺れたのは自分だと気付きます。

しかし、半年後には香港に戻る立場の東雲。

自分が香織の心を縛り付けるわけいはいかないと、やっぱり小野と結ばれるべきだと考えて最低な態度を取ることにしますが。。。?

会社では冬木に会議室に呼ばれる香織。

それを止めた東雲を見て、明かな敵意を見せる冬木は東雲の本当の目的に気付いたようでした。

そして自分が香織を求めるのと同じように東雲を求めていると知った東雲はもう限界だと思いながらキスをするのでした。

香織をリスペクトしている宇佐美は、実はいろんな事をしっかりと理解していて、バレていないと思っていた冬木との関係を知っていると知った東雲。

自分が香織を本気だと言う事も見ぬかれたので冬木から奪う宣言をしたその直後。

沙織から連絡が来ます。

教えていない番号をある人から聞いたと言っていた沙織。

そして東雲が日本に来た目的について話したいという沙織ですが。。。?

沙織に本心を打ち明けて番号を教えてくれた人物を知った東雲。

会社に帰ると冬木に香織は小野と2人で飲みに行ったと聞かされて慌てて連絡します。

なぜか小野とは一緒ではなく、無事会うことができた東雲は自分が最初にデザインしたお店へ連れていくことに。

自分の原点を見せたかった東雲は喜びつつも、話題は冬木のことに。

香織はあっさり別れられたことから勘違いしていましたが、冬木は本当に香織を愛していることに気付いていました。

ただ、それを大っぴらに出さなかったのが沙織えの罪の意識だったのだと。

不倫はいつか終わる。それが、不倫の先の現実。

そう思いながら、香織が抱いてと言った言葉をかみしめながらどんどんある想いが膨らんでいく東雲なのでした。

kami
kami
細かいネタバレは端折ってるから気になる方は無料試し読みへGOじゃ!

続き>>パーフェクトクライムネタバレ5巻!千夏の秘密と悪事が明らかに!

漫画>>コミックシーモアで『パーフェクトクライム』を無料試し読みする!
※新規登録で70%OFFクーポン&月額メニュー登録で最大2万円分ポイントが返ってくる!(実質無料になるってこと!)

パーフェクトクライムネタバレ4巻の感想!

1巻~2巻の振り返りですが、男目線で見られると言うのは新鮮で面白く、ドキドキしますね!

なんでこんな発言や行動をしたのか、舞台裏が見れて面白いです。

かなりドロドロな展開になるのかと思いきや、あっさり東雲も香織もお互い惹かれ合い、結ばれてしまいました。

2巻の振り返る前の時点では小野によって香織は東雲は沙織を愛していて、自分を憎んでいると当初の目的の理由を聞かされ、信じているのでまだまだ波乱の展開になりそうですけどね。

gyoza
gyoza
小野がとにかく怪しいよな。
usa
usa
うん、目的も暴露してたし、ロッキングチェアを塗り潰してたのもわざと見せてたし。

香織は誰からも愛されていないと思って泣いていましたが(2巻)実際は冬木からも東雲からも小野からも愛されているんですもんね。。。ついでに宇佐美もw

で、気になるのが東雲は純粋に香織を愛し始めたので『完全犯罪』をする存在は東雲ではないってことなんですかね?

沙織も誰かに東雲の番号を聞いたりしていたようですし、別の誰かがこうなることまで計算して罠にハメているってこと?

単純な恋愛じゃないので謎ときをしながらハラハラドキドキできてハマります!

冬木と小野がどう動くのか。。。そして東雲の香織への感情がちょっと怖い気持ちますw

続き>>パーフェクトクライムネタバレ5巻!千夏の秘密と悪事が明らかに!

漫画>>コミックシーモアで『パーフェクトクライム』を無料試し読みする!
※新規登録で70%OFFクーポン&月額メニュー登録で最大2万円分ポイントが返ってくる!(実質無料になるってこと!)

スポンサーリンク

漫画を無料試し読み&お得に読むおすすめ電子書籍サイトは?コミックシーモアがいいよ!

電子書籍サイトの中でも、個人的におすすめだと思うのはコミックシーモアです!

なんと。。。新規登録で70%OFFのクーポンがもらえます!

ただ、シーモアがすごいのはこれだけじゃなくて。

月額コース登録で登録コース分の金額(ポイント)を後日返してもらえるって知ってた!?

usa
usa
実質無料になるって事だよ!最大2万円!

このポイントを使えば全巻無料で漫画を読むこともできちゃいます。(実質にはなるけど)

すごいですよね~\(^o^)/

 

ちなみにこの月額コースっていつでも解約OKなんです!1回きりでもいいなんて超太っ腹!!

まぁ、月額コース継続してもボーナスポイントがもらえるし、どちらにしてもお得。

あとは最強ゲリライベントや無料で読める漫画がたくさんあったり。。。

と、あれこれめっちゃお得に漫画が楽しめるんですよね~。

※下記で登録・解約方法の記事を紹介しています!

 

ただ、珍しいレア漫画も読みたいならまんが王国

gyoza
gyoza
毎日最大50%OFFのクーポンがもらえるおみくじが2回引けちゃう!

漫画を無料で読みたい&アニメやドラマも楽しみたいならU-NEXT

gyoza
gyoza
31日無料トライアルに登録で漫画が買えるポイントが600円分もらえる&対象の動画が見放題!

Yahoo!&paypayユーザーは断然ebookjapanがおすすめですかね。

gyoza
gyoza
初回登録で50%OFFクーポンが6枚もらえる!最大3,000円分がお得に!

どの電子書籍サイトもそれぞれに特徴があってメリットデメリットがあるので、あなたのスタイルに合ったお好みのサイトを利用するのがいいと思います!

 

usa
usa
詳しくは公式HPをチェックしてね!ここでの説明よりもわかりやすいし、最新情報を確認することができるからさ~!

kami
kami
※詳しくはコミックシーモアまんが王国U-NEXTebookjapanの公式HPで確認じゃ!

※本ページの電子書籍サイトの情報は2021年11月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

最後に。。。

今日は『パーフェクトクライム』4巻のネタバレ感想についてお伝えしました。

5巻はどんな展開になるのでしょうか!!!

パーフェクトクライムネタバレ5巻!千夏の秘密と悪事が明らかに!月島綾先生(原作:梨里緒先生)の『パーフェクトクライム』を読みました。 7年間も不倫を続けてきた前島香織が香港支社から移動してきた...
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク