トレース〜科捜研法医研究員の追想〜

トレース〜科捜研法医研究員の追想〜2巻のネタバレ感想!【漫画】

2019年1月からドラマ「トレース〜科捜研の男」が始まりますね!

原作漫画は古賀慶さんの「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」です。

1巻がいいとこで終わってしまったので続きがかなり気になっていました!

では、漫画「トレース」2巻のネタバレ感想をお伝えしていきますね!

知らないちゃん
知らないちゃん
ただの科捜研のお話だけじゃなくてなんか謎があるの?
知ってるくん
知ってるくん
そうなんだ、真野くんの過去に起きた事件の謎も同時に明らかになっていくんだよ!

トレース〜科捜研法医研究員の追想〜2巻のあらすじやネタバレ感想!【漫画】

1巻の最後では酔ってしまった虎丸を送ることになった真野。

そこで虎丸に寄りたいことがあると言われ。。。

トレース〜科捜研法医研究員の追想〜1巻のネタバレ感想!【漫画】 2019年1月からドラマ「トレース〜科捜研の男」が始まりますね! 原作漫画は古賀慶さんの「トレース〜科捜研法医研究員の追想...

第5話 臨場①

虎丸に連れてこられたのは公園。

実は23年前に練馬一家殺人事件があった場所です。
つまり、真野の家族が亡くなった事件。

ここで、虎丸が当時の事を思い出します。

横たわる両親と姉。
別の部屋で生き絶える息子。

息子の遺書が見つかったため、犯人は息子として解決した事件でしたが、虎丸は

現場で感じた”あれ”
これが真実なのか?

という”何か”があったようで、釈然としないまま終わってしまいます。

その時に1人残された少年は正義のヒーローのスコルピオン・マンのフィギアの人形を持っていました。

今、真野がポケットに入れているものと同じ人形です。

それを見て、虎丸は

真野=あのときの少年

ということに気付いていたんですね。

そして

「真野礼二。。。いや、源礼二。
なぜうちに来た。」

「真実を知るためか?」

やっぱりあるのね!
別の真実が!

そしてこの事件には触れない方がいいと釘をさされます。

虎丸は何か知っているってことですよね?
気になる〜!

でも、この2人の会話はここまでで終わります。

今回の仕事は頭と胴体のみが発見された女性の彼氏の家に血液反応があるか確認しに行くことです。

彼女が彼のアパートに入るところは防犯カメラで確認されてるものの、出て行くところは確認されていなかった為です。

現場に足を運ぶことを

臨場

と言うそうです。

彼女は彼にDVをされていたようで、額に傷とお腹には古い傷もありました。

それを聞いて彼が犯人だと決めつけている様子の虎丸達。

果たして本当に犯人は彼なのでしょうか?

第6話 臨場②

体をわけるとなると、お風呂場などで犯行を行うことが多いので、水回りの検査を入念に行います。

しかし、予想に反してお風呂場では血液は検出されず。

唯一シンクにあったビール瓶に血液反応が!

彼はビール瓶で彼女を殴った事実は認めたものの、自分はやってないの一点張りです。

殴った後に彼女は出て行った。
すぐに追いかけたけど、すでに彼女の姿はなかったと。

彼が犯人と決めつけて、証拠が見つからない事を科捜研のせいにする捜査第一課の孤谷。

鑑定結果が真実。
だが、追加して調べたいとこがあるという真野。

その場所とは。。。

なんと玄関の外の廊下

さすがにそんなとこで犯行は無理じゃない?|ω・`)

第7話 臨場②

孤谷も私と同じ意見だったらしくw
廊下で作業するわけがないと反論します。

でも真野が気にしていたのは犯行時の血ではなくて額の傷でした。

部屋を出てからアパートを出る間に事件に巻き込まれた可能性もあると。

そして真野の予想通り、廊下で血液が検出されます!

それは隣の部屋の玄関で途切れていました。

隣の部屋を調べると。。。ベッドの下に大量のマネキン?の手足が!

そして冷蔵庫には本物の手足(((*>д<*)))

犯人は隣の部屋の男でした。

この男は

“綺麗な手足をずっと暴力から守ってあげたかった”

そうです。

お、恐ろしい。。。

この事件はこれで解決!

そして場面は変わり真野が家族のお墓まいりをしています。

そこで呟いた言葉。。。

「もう少し待ってくれ。
もう少しで準備が整う。」

なになに!
なんの準備?
真野はなにをしようとしてるのでしょうか。

第8話 科捜研のノンナ

今回の仕事は複数ある使用済みのゴムが同一人物のものか確認する事。
この仕事に真野は関わっていない様子。

満員電車に乗ってる時などにコッソリ鞄の中に入れられた女性が多数いるようですよ。

キモーヽ(*`д´*)ノ

ノンナはげっそりしていますが。。。

先輩女性は慣れたもので平気で臭いを嗅いだり、昼食にトロロ蕎麦を食べたり全くダメージを受けていない(笑)

科捜研は転勤や移動もなく、一日中室内で仕事するのが主なので研究員がまるで家族のような存在になってくるんだとか。

まぁ、職場の人間関係に恵まれてるおかげですよね。

これって。。。人間関係崩れたらかなりキツイですよね(^_^;)

その中で真野だけには壁を感じているノンナ。

真野のことが気になるようで、それを妹に話すと

「それは恋ね」

なんて言われてしまう、そんなノンナの話でした!

今回は箸休めの回でしたね(・∀・)

第9話 ラベル

今回の仕事は無理心中した親子に第三者の関わりがなかったか確認することです。

介護が必要だった母親の首を絞めて手に掛け、息子は首を吊ったというもの。

刑事課の猪瀬は評判の悪かった息子がついカッとなって犯行に及んだんだろうと決めつけますが。。。

真野は

「君の主観や憶測は聞いていない。」

素敵ですw

第三者の関わりの他にも母親が抵抗したか、胃の内容物から亡くなった時間などを調べていきます。

息子の胃からは黒いモヤモヤしたものと米

母親からは茶色っぽい塊と小口切りのネギ

この茶色っぽい塊を炙ってみると美味しそうな匂いが!

魚・肉・チーズなど意見が分かれます。

そこでこの塊を”種別不明のタンパク質”とする真野に、そんな曖昧でいいのか尋ねるノンナ。

「わからないということが立派な鑑定結果だ。
主観や憶測で無理矢理ラベルを貼れば真実は見えにくくなる。」

あ、タイトルのラベルってこの事?
この食べてたものが今後の展開となにか関係があるのかな?

そして調べた結果、母親はなんの抵抗もしていなかった事が判明します。

刑事課の方からも報告が。

息子は犯行時刻の4時間前にコンビニでネギトロを買っているという事。

仕事をしていなくてお金に困っていた息子が最後に持っていたお金は18円。

所持金でギリギリ買えたであろうお寿司がこのネギトロでした。

ネギトロ部分を食べたのが母親。
ご飯と海苔部分を食べたのが息子なのではと推測するノンナ。

そして猪瀬が息子が亡くなった公園に足を運ぶと、手を合わせる息子の友人がいました。

その友人の話によると

息子は余命半年の命だった。

ボケている母親にその話をしたら私も連れてってほしいとと言われた。

親不孝もんだと泣いていた。

との事でした。

真実は。。。

2人の最後の日に母親に大好きなネギトロを買ってあげて、具だけ食べてお腹いっぱいになって残したご飯を息子が食べた。

という事だったようです?

真野はその事実を全部想像だと言っていますけどね(;´д`)

せめて親子の愛情があったと思いたいと言うノンナでした。

第10話 礼

公園のベンチでうたた寝している真野。

23年前の夢を見ます。

それは真野以外の家族がリビングにいて母親と長女は泣いていて長男が父親に殴られているもの。

実際に目撃した真実の一部のようです。

すると1人の男が近づいてきます。

「3人目、新妻大介の居場所がわかりました。」

そう言ってメモを渡します。

「これでようやく3人が揃った。
壇浩輝。
左保優作。
新妻大介。
必ず成し遂げましょう。
悪を裁くのは我々です。」

そして去っていきます。

「わかってるよ。。。先生」

呟く真野。

怪しすぎる!
この先生って誰?
この3人は何!?

例の事件に関わりのある人?

一方、ノンナは1ヶ月の研修で鑑識課に来ています。

そしてちょうど真野が用事で顔を出しているときに、ノンナに初めて鑑識としての臨場の仕事が。

事件ではなく腐乱死体の特定

独居老人は亡くなっていても発見が遅れるため、個人を特定するのが困難になり、DNA鑑定が必要となるケースが多いんですね。

その人物は恐らく

佐保慎作 66歳

佐保という苗字に反応した真野は、自分も行くと言い出します。

現場では遺体を丁寧に運び出し、次は身元確認や亡くなった原因を調べるために死体見分を行います。

真野が廊下にいると佐保の息子と名乗る男が。

なんと佐保優作です!

例の3人として名前があがっていた人物ですね!

そして真野は

佐保優作
まずは1人目

心の中で叫びます。

ここで2巻は終わります。

トレース〜科捜研法医研究員の追想〜2巻の感想

今回も面白かったですね。

先入観で犯人を決めている捜査第一課の孤谷に惑わされる事なく真実を暴いたり。

無理心中の理由を勝手に決めつけて最低な息子だと言う刑事課の猪瀬にガツンと言って本当の気持ちを突き止めたり。

真野さん、とっても変わってるけど素敵ですw

あとは徐々に謎が明らかになってきましたね。

と言ってもまだなにもわかりませんが(^_^;)

先に犯人らしき人物がわかって、でもその人がなにをしたのかわからないパターンって珍しいですよね?

この3人は一体何者なのか、気になります!

真野は何をしようとしてるのでしょうか。。。

最後に。。。

今日は「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」2巻のネタバレ感想についてお伝えしました。

ただ、科捜研が真実を暴いていくだけでなく。。。

徐々に明らかになっていく真野の謎が日々の事件とリンクし始めて、面白い展開になってきましたね!

3巻を読むのが楽しみです(^ω^)

トレース〜科捜研法医研究員の追想〜3巻のネタバレ感想!【漫画】2019年1月からドラマ「トレース〜科捜研の男」が始まりますね! 原作漫画は古賀慶さんの「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」です...

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加